二世帯の時の家づくりのポイント

二世帯の家をつくる時には、一つ玄関の場合には工夫が必要になってきます。
スペースや法規上の関係で、二つ玄関にしたくても無理な場合があります。また、とくに親世帯が世間体も考えて一つで十分だよと主張して、子供世帯としてはそれに従わなくてはいけないといったケースも考えられます。
こういった場合では、玄関の位置やスペース、他の部屋、とくに親、子供帯の個室との関わり方などもふくめて、できるだけプライバシーが保てるように工夫することが大切です。
玄関の位置は道路との関係で決まる場合が多いので、考慮する余地はあまりありません。しかし、スペースについてはホール部分も含めて十分に検討して工夫をする必要があるでしょう。工夫の第一としては、靴などの履物の収納スペースの確保です。二世帯が共用する玄関になりますから、履物などの収納スペースも二世帯分用意すると同時に、親世帯、子世帯に明確に分けておく必要があります。できれば完全に仕切ってしまうのが理想です。