無駄に高い天井にしたのは失敗でした。

家を作った時に、天井は高い方が良いだろうととくに深く考えずにお願いしてしまったんですが、後でけっこう後悔することになりました。

何に後悔したかというと、まず掃除が大変です。家具の配置によっては椅子を使っても届かないところとかがあったりします。頻繁に天井掃除をするわけではありませんが、掃除するたびに失敗したと思っています。

それから電球の交換です。天井が高いので電球の位置も高く、交換がかなり大変です。こちらもそうそう頻繁にやるものではないのですが、やる度にやはり失敗だったかなと感じています。

そして、天井を高くしたことで最大の失敗だったと思うことが、冬がとにかく寒いんです。エアコンを作動させたとしても、まったく暖かくなりません。エアコンの対応サイズは一応大きめのものを選んだのですが、それでも空間が広すぎて駄目だったようです。

もちろん広々とした空間は快適で良いと感じることもありますが、住み心地を考えたらあえて低い天井でも良かったなと思いました。