見た目で選んだ照明が大失敗でした。

注文住宅で家を建てた時に、なんとなく格好良いからという理由でライトを天井に八か所埋めました。通常の真ん中に一個大きなライトがある感じのやつではなく、小さな電球が八個天井のあちこちに埋まっている感じですね。住んでみて初めの方は見た目が良かったので気に入っていたんですが・・・大失敗でした。

何が失敗だったかというと、とにかく電球交換が面倒臭いんです。LEDだから電球の交換頻度は高くないと思っていたんですが、案外一年くらいで駄目になったりするんです。しかも八個が大体同じタイミングで駄目になります。これの交換がかなり面倒臭いです。

しかも、場所によって明るかったり暗かったりするところがあります。機能面ではなく見た目で選んでしまった為の失敗です。照明は住むうえでかなり重要なポイントですので、もしこれから注文住宅で家を建てるという人は、絶対に機能面で選んだ方が良いと思います。見た目的なものはサブで付けるようにするのをおすすめします。