犬のいる家が、私の家

私の家には20歳になるダックスフントがいます。今では目も光を感じる程度、耳に関しては打ち上げ花火にゆっくり顔を向ける程度。ですが昔はやんちゃで活発な子でした。
5階建てマンションに引っ越して2年後、その子が来ました。このマンションは両親がローンで買ったらしい…ある日フローリングのうえでおしっこをしてしまい、そのときは「持ち家でよかったー!」と両親が叫んでいました。いつかリホームをしてでなければいけないのですが…。5年前まで、この子にはもう一匹15年連れ添ったダックスフントがいました。子供には恵まれませんでしたがいつも仲が良く、家の中もはちゃめちゃ状態。床はボロボロ家具は破け、今ではその痕跡が元気だったこの子たちの思い出です。私が学校から帰るといつも走って出迎えてくれて、家を出るときはうるうるした目でおすわりをしながら見つめてくる。朝起きれば布団に乗って起こしてくる。そんな楽しい日々もすべてはこの家の出来事。
この子もいずれ天国に行ってしまいます。いつか私が結婚し実家を出て、また犬という家族を迎えるとき、きっと新しい家が犬との思い出の場所になってっくれると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × one =