中古住宅を買うときは慎重に

マイホームを持ちたいと思っても、一戸建ては出来上がるまでに手間や時間がかかるし、出来上がったものが、期待していたものとは違っているかもしれないなどの心配があるので、中古住宅を買った方がよいのではと考える人も多いと思います。何よりも中古住宅の方が購入コストが安くつくので買いやすいという理由が大きいかもしれません。
しかし、長い目で見た時本当にそれが安くつくと言えるでしょうか。
築何年の家かとか、耐久性の優れた建築物かにもよりますが、一般的には新築の家に比べると耐用年数は短く、20年ぐらいすれば建て替えが必要になる可能性があります。そうすると、またその時点で建物の新築費用が必要になるだけでなく、古い建物の解体費用や土地の整備などにも出費が必要ということになり、トータルに考えれば、最初から新築の建物を建てるよりも高くつくことになってしまいます。
したがって、中古住宅を買う時には、築年数や住宅の構造(鉄筋コンクリートか耐久性のある構造の木造住宅かなど)をしっかり調べた上で、新築と同じぐらい長く住めるような耐用年数のものを買うことが賢明と考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven + 15 =